犬と猫のアレルギー① 犬と猫に花粉症はあるのか?

スポンサーリンク

今回からしばらくの間は、犬と猫のアレルギーに関してお話ししましょう。第一回目の今回は、犬と猫の花粉症です。冬が終わり、暖かくなって過ごしやすくなると増えて来る花粉症ですが、犬や猫にも花粉症ってあるの?と思われる方も多いと思います。今回は、そんな疑問にお答えいたしましょう。

犬にも猫にも花粉症はある

犬にも猫にも実は花粉症はあるんです。ただし、くしゃみや鼻水、結膜炎のような人でよくみられる花粉症の症状はあまり多くなく、どちらかと言えば、皮膚のアレルギー症状(皮膚のかゆみや赤み、外耳炎など)で出て来ることが多いです。

スポンサーリンク

犬ではブタクサによる花粉症が多い

犬の場合は、人の花粉症に最も多いスギやヒノキなどよりも、キク科の「ブタクサ」による花粉症が多いです。ブタクサは人の花粉症の3番目に多い原因だと言われています。

ブタクサの花粉飛散シーズンは夏の終わりから秋にかけてですので、この時期に皮膚のアレルギー症状が強くなる場合はブタクサによる花粉症の可能性があります。

猫のアレルギーの検査を簡単にできる施設はありませんので、どの花粉に対するアレルギーが多いのかはわかりません。ですので、猫の場合は本当に花粉がアレルギーの原因なのかわからないことも多く、症状が出るタイミング(症状の出る季節性や外に行った後に症状が出るなど)によって花粉症を疑って治療をしていくことになります。

犬や猫はアレルギー反応が皮膚に出やすい

犬や猫の花粉症が、鼻や目に出ないで皮膚に出る原因についてはわかっていません。人の場合は食事アレルギーがあると、下痢や嘔吐で出ることも多いですが、犬や猫は皮膚に症状が出ることが多いです。犬や猫では、なぜかアレルゲン(アレルギーの原因物質)が体に侵入した部位でアレルギー反応が起きず、その反応が皮膚に起こることが多いようですね。

治療は花粉を避ける生活と抗アレルギー薬

人でもそうですが、根本的に花粉症を完治させるということは不可能に近いため、花粉症の治療は、できるだけ花粉に接する機会を減らすことと、抗アレルギー薬の投与になります。

花粉を避ける方法としては

  • 猫であれば外出させないようにする
  • 散歩前に点眼薬をさして花粉が結膜に付着するのを防ぐ

といったことになります。

また、抗アレルギー薬は飲み薬や点眼点鼻薬による抗ヒスタミン剤やステロイド剤の投与になります。他のアレルギー疾患と同じような治療になります。

スポンサーリンク

まとめ

犬にも猫にも花粉症はありますが、人のように目や鼻の症状が強く出ることはほとんどありません。ただし、皮膚に強い痒みなどが出ることはあるので、花粉の季節に皮膚がかゆいわんちゃん、猫ちゃんの場合は花粉症の可能性があるので、早めに動物病院で相談してくださいね。

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m