心不全シリーズ① シンプルに覚える心臓の機能と構造

スポンサーリンク

ヒトと同様、犬や猫も高齢化の時代を迎えています。高齢動物に多い病気はいくつかありますが、中でも心不全は非常に多い病気になります。心不全は「心臓のポンプ機能の障害により、体組織の代謝に見合う十分な血液を供給できない状態」と定義されますが、動物の心不全には、いくつかのタイプがあります。

今回は、心不全シリーズの第一回として、心不全を知るために、心臓の構造と機能を見ていきましょう。心臓病を知る上で知っておくべきことは、とってもシンプルです。たった2つの心臓の機能と、部屋と弁からなる心臓の構造だけ覚えておきましょう。

ねこのきもち

心臓は血液をため込んで送り出すポンプ

いぬのきもち

心臓は血液を送り出すポンプ

心臓は「全身に血液を送るポンプ」の働きをしていると言われることが多いです。心臓にたまった血液は、心臓の収縮により全身に送り出され、その圧力によって重力に負けることなく心臓に帰っていきます。心臓が働かないと、血管の中の血液の動きが止まってしまい、動物は死んでしまいます。

心臓の機能は血液を「ため込む」ことと「送り出す」こと

血管という長い管の中を流れる血液を、「ため込んで送り出す」働きをするのが心臓です。そのため、心臓の働きがどこかでおかしくなると、「ため込む」「送り出す」のどちらかもしくは両方に異常が起きてしまいます。

ため込む能力の異常⇒うっ血(むくみ)
送り出す能力の低下⇒低血圧、酸欠

心臓の機能とその異常は、シンプルな話では実はこれだけなんです。ただし、血液をため込んで送り出すために心臓にはいろいろな装置が付いており、どの装置に不具合が起こるかによって、どの機能に異常が起きるかも変わってきます。また、ため込んで送り出す機能に異常が起こった場合に影響を受ける体の部位もたくさんあるため、さまざまな症状が出てきます。

ただし、心臓の機能は血液をため込んで送り出すという基本が頭に入っていれば、愛犬や愛猫の心臓病の理解は非常にしやすくなりますので、この基本は忘れないようにしましょう!

スポンサーリンク

心臓は4つの部屋と弁からなる

心臓は、血液をため込んで送り出すという仕事を効率よく行うために、4つの部屋と4つの弁
持っています。この構造も覚えておいた方がいいでしょう。心臓が4つの部屋に分かれているというのは小学生の理科で習うことですので、その復習ですね。


心臓にある弁は逆流を防止
するためのものです。血液が一方向に流れることで血液の循環が維持できますが、図のように心臓が収縮したときに逆向きにも血液が流れてしまうと、循環がおかしくなってしまいますね。

これを防止するのが弁なのです。心臓には4つの弁が付いていることにより、血液が一方向にうまく流れるようになっています。

心臓のそれぞれの部屋がうまく拡張や収縮をすることと、弁が正常に働くことが心臓の機能に大切であることがわかっていただけると思います。

スポンサーリンク

心臓の機能と構造のポイントだけ頭に入れておこう

犬と猫には、犬種や猫種、年齢などによってどの心不全が出やすいのかというものがあります。一番一般的なものは小型犬の僧帽弁閉鎖不全症、猫の肥大型心筋症です。ただし、それ以外にも犬や猫の心臓病の原因となる病気はあります。

心臓病の動物を飼っている飼い主さんに大切なのは、今現在、愛犬や愛猫の心臓がどういう状態なのかを理解して、何に注意した方がいいのかや飲んでいる薬の種類をしっかり把握しておく必要があります。

そのために、まずはこの心臓の機能と構造を覚えておきましょう。難しいことを話せばもっとたくさんありますが、

・心臓が血液をため込んで、送り出す働きをしていること

・4つの部屋と4つの弁があること

この2つだけでも頭に入れておくと、愛犬・愛猫の体の状態は非常に理解しやすくなります。次回から、具体的な心不全のお話をしていきますね。

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする