僧房弁閉鎖不全症① 僧房弁閉鎖不全症とは?~僧房弁閉鎖不全症の病態

スポンサーリンク

今回からは、数回に分けて「僧房弁閉鎖不全症」についてお話します。小型犬の心不全の原因として圧倒的に多い僧房弁閉鎖不全症は、お薬をうまく使うことでいい状態を長く保てる可能性が高い一方、急変して亡くなってしまうことの多い病気です。

小型犬を飼っている飼い主さんは、将来的に愛犬が罹患する確率の高い僧房弁閉鎖不全症を理解しましょう。今回は、僧房弁閉鎖不全症とはどんな病気かについてお話します。

いぬのきもち

左心房と左心室をつなぐ僧房弁の機能不全

こちらの図を見ていただくとわかる通り、僧房弁は左心房と左心室の間にあります。

血液は体をうまく循環するために、必ず一方向に流れる必要があります。そのために大切なのが弁の働きです。正常な心臓では、心臓の動きに合わせて弁が開閉し、血液が逆流しないようにしています。

特に、左心室は全身に血液を送り出すために非常に圧力の高い血液を送り出しています。そのため、左心室から左心房へ血液が逆流しないように働く僧房弁は非常に重要な役割をしています。

スポンサーリンク

小型犬に多い僧房弁不全症

犬ではなぜかこの僧房弁が変性を起こしやすく、僧房弁の機能不全を起こすことが多いです。特に小型犬は僧房弁閉鎖不全症を引き起こしやすく、チワワやシーズーなどの小型犬では、高齢になると僧房弁閉鎖不全症による心不全が非常に多くなります。また、キャバリアキングチャールズスパニエルは特別僧房弁閉鎖不全症が多く、若いうちから重度の心不全を起こす子が多い、僧房弁閉鎖不全症に非常に注意が必要な犬種です。

僧房弁閉鎖不全症によって起こる血流の変化

僧房弁閉鎖不全症を起こすと、本来血液が流れない左心室から左心房への逆流が起きてしまいます。以下の図をご覧ください。

僧房弁閉鎖不全症によって起こる変化としては
① 僧房弁の変性によって、僧房弁が完全に閉まらなくなる
左心室から左心房に逆流が起こる
③ 逆流によって左心房に貯留する血液が増えて、左心房の拡大や高血圧が起こる
④ 左心房圧が上がることで、左心房に流れ込む肺静脈にも血液が溜まって肺静脈圧が上昇する
⑤ 肺から血液が戻りずらくなり、肺のうっ血を起こす。重度になると肺水腫を起こす。

一方で、左心室から左心房への逆流が増えると、左心室から全身に回る血液が減ってきます。そうなると、全身の血流不足になり、疲れやすくなったり、倒れるなどの症状が起こることがあります。

スポンサーリンク

僧房弁閉鎖不全では肺のうっ血と全身の血流不足を起こす

僧房弁閉鎖不全症で起こるのは、
① 左心房への血液の貯留⇒肺のうっ血
② 左心室からの血液の拍出量の低下⇒全身の血流不足
の2つの変化です。僧房弁閉鎖不全症の症状や、注意点、薬の使用などはこの2つの病態が重要ですので、しっかり理解しておきましょう。

心臓の機能の復習はこちら

次回は僧房弁閉鎖不全症の症状とその意味、さらには症状別の危険性についてお話します。

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m