寒さと病気③ 猫におすすめの寒さ対策と注意点

スポンサーリンク

「猫はこたつで丸くなる」――童謡の一説ですが、猫を飼っている人では今でもこういった風景を見ることは多いと思います。

さて、冬場の猫の寒さ対策はどのようにしたらいいのでしょうか?コタツで暖を取らせるのは正しいのでしょうか?今回は、猫の寒さ対策について考えてみましょう。

猫 寒さ対策 冬 注意点

スポンサーリンク

猫に最適な温度とは?

まずは、猫に最適な温度設定について考えてみましょう。

健康な成猫であれば10℃を下回らなければ問題なし

健康な成猫は寒さに特別弱いわけではありません。ヒトが普通に生活をしていて寒いと感じない程度の温度であれば、問題なく生活できます。

10℃を下回らなければ、タオルや毛布など温まれる場所を作っておくことで特に問題なく生活できます。

子猫は特に温度に注意

子猫は特に寒さに注意が必要です。親や兄弟いる場合は家族と一緒にいることで寒くても問題ないことが多いですが、子猫単独あるいは子猫2頭など少ない場合には、体温が低下しやすくなります。

部屋の設定温度は20度以上に設定するだけではなく、猫がいる場所の保温をしてあげましょう。寝床の下にペットヒーターを置いたり、湯たんぽなどを活用するといいでしょう。

高齢猫・病気の猫も温度管理に注意

高齢の猫や持病を抱えている猫も温度管理には注意しましょう。部屋の温度設定は20度前後で、人が温かいと感じる温度設定をしておきましょう。

スポンサーリンク

寒さ対策のポイント

寒さ対策をするときに特に重視しておくべきポイントは以下の通りです。

寝床に隙間風を入れない

部屋の温度設定よりも注意が必要なのが、隙間風です。最近の気密性の高い家では、冬場でも比較的室温が下がらないようになっていますが、猫の寝どこに隙間風を入れてしまうと、体温が奪われてしまいます。

普段生活していると、自分のいる場所以外の隙間風は意外と気づきません。一度、猫の寝床の場所に顔を近づけて隙間風がないか確認しましょう。もし、冷たい風を感じる場合は、それを遮れるものを置くか、寝床を変えるようにしてくださいね!

自分の体温を逃がさないような工夫を

部屋の温度がそれほど高くなくても、猫自身の体温を逃がさないようにしてあげることで、猫は冬場でも快適に過ごすことができます。

床はどうしても冷たくなりがちなので、床暖房がない場合には、猫がいる場所にはタオルを敷いてあげましょう。また、寝どこにもタオルや毛布を入れて体温が逃げない工夫をしてあげてください。

スポンサーリンク

寒さ対策の落とし穴

寒さ対策はただただ暖かくしておけばいいということではありません。特に寒さ対策で失敗しやすい危険ポイントをあげておくので、注意しておいてくださいね。

やけどに注意

ストーブや電気ヒーターなど熱を発するものは間違って触るとやけどの原因になります。子猫は何でも興味を持ちますので、特に注意が必要です。また、熱いのに気づかずにストーブに飛び乗ってしまうという可能性もあるので、ストーブを使う場合には細心の注意をし、危険があるのであれば、それ以外の暖房器具を使うようにしましょう。

コタツで脱水・熱中症に注意

コタツは暖かいため、猫はよく入り込んでそのまま寝てしまいます。コタツの中は高温多湿になっており、ずっと入っていることで脱水や熱中症にかかってしまうことがあります。

特に高齢猫の場合、皮膚の温度感覚が弱くなり、暑さに気付かず脱水や熱中症になってしまう子がいます。実際に、高齢の猫でコタツの中で熱中症を起こして体調を崩してしまう子は少なくありません。

人がいない時はコタツの電源はオフにして置き、猫が入ってきた場合も時々外に出して水を飲ませるようにしましょう。

ペットヒーターを使う場合は逃げられる場所を確保

ペットヒーターなど、下に敷く暖房を使う場合には、全面に敷かないようにし、暑すぎるときに逃げられる場所を作っておきましょう。自分が好きな時に温かい場所と涼しい場所を行き来できるようにしておいてあげないと、暑くなりすぎてしまうことがあるので要注意です。

水分補給はしっかりと

寒いと水分摂取量が減る猫が非常に多くなります。水分摂取量の減少は脱水を引き起こし、泌尿器疾患や血栓塞栓症などのリスクを高めてしまいます。脱水による冬場の病気のリスクについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

水飲み場を複数作り、少しぬるめのお湯などを入れておいてあげると水を飲む量が増えますので、色々と工夫して見てください。水分摂取量を増やす工夫もこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

冬場の寒さ対策は特に子猫や高齢猫には大切です。一方で、間違った寒さ対策をするとやけどや脱水症状などの問題を引き起こしてしまうこともあります。

隙間風や床の冷たさに注意しつつ、事故が起きないような寒さ対策をするために、この記事を参考に冬場の住環境を考えてあげてくださいね!

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする