熱中症① 猛暑到来で急増中!犬や猫の熱中症とは?

スポンサーリンク

連日30度を超えるような暑さが続き、犬の熱中症が非常に増えています。犬の熱中症は、多臓器不全から命を落とすことの多い非常に怖い病気ではありますが、飼い主さんがしっかり気を付けていれば防げる病気です。

今回からはしばらく熱中症をテーマに書いていきます。今回は、熱中症の概要と、熱中症になってしまうメカニズムについてお話しします。熱中症とはどういった病気かをしっかり理解してくださいね。犬 熱中症 パンティング

熱中症とは

熱中症とは、環境の温度や湿度が高すぎるせいで体の熱を逃がすことができず、体温が平熱より高くなってしまう病気です。体温が平熱以上の状態が続くと、内臓へダメージ

犬や猫は肉球(パッド)以外には汗をかくことができないため、人と同じように汗で体温調節できません。汗の代わりに犬や猫は、舌の粘膜から唾液を蒸発させて体温調節しています。犬が暑い時に口を開けてハァハァしていることがありますが、これが体温調節の方法になります。

このハァハァする行動を「パンティング」と呼び、興奮したり運動したりした後でないのに犬や猫がパンティングをしているときは、暑さのせいである可能性が高く、熱中症のリスクがあります。

スポンサーリンク

熱中症のリスク要因

熱中症が起きてしまう要因には以下のようなものがあります。

環境要因

熱中症の多くは、その環境によって起こります。体の熱を逃がしにくい環境は以下の通りです。

  • 高温:高温であればもちろん体温も上がりやすく、熱を逃がしにくくなります。
  • 多湿:湿度が高いと舌からよだれが蒸発しにくいため体温が上がりやすくなります。
  • 風通しが悪い(空気がこもる):風通しがいいと湿気がこもりにくくなり、蒸発熱により体温が下がりやすくなります。

犬側の要因

熱中症が起きる原因は環境の要因だけではありません。犬の側にも体温が上がりやすくなる要因があります。

  • 脱水:体の水分が少なくなる脱水状態では、蒸発させる水分が少なくなると思に、血液循環も悪くなるため熱が体にこもりやすくなります。水分が飲めなかったり、腎不全や糖尿病で脱水しやすい状態では、熱中症リスクが増加します。
  • 高齢:高齢の犬猫では、体温を下げる能力が大きく低下してしまいます。そのため、若い子が大丈夫な気温や湿度でも熱中症になってしまうことがあります。
  • 短頭種:以下に詳しく説明しますが、短頭種の犬や猫では熱中症が起こりやすくなります。
  • 肥満:肥満動物では体から熱を逃がす能力が落ちてしまっています。また気道が圧迫され、ぜえぜえ呼吸して熱を発生することも、肥満動物の熱中症のリスクが上がる要因です。

スポンサーリンク

昔は外飼いでも大丈夫だった?

昔の日本では、ほとんどの犬は夏場でも外につながれて生活していました。そんな環境でも熱中症が起きにくかったのにはいくつかの原因が考えられます。

1.日本犬は暑さに強い?

もともと日本に住んでいた日本犬やその雑種は、日本の夏に適応し、夏の暑さにも耐えられる体をしていると考えれます。統計データがあるわけではありませんが、日本犬が熱中症で来院するケースは少ないように感じます。

一方、外来犬の多くがヨーロッパやアメリカ、中国北部などから入ってきています。これらの地域では、夏は日本ほどじめじめした暑さがないため、日本の高温多湿の環境下で生活することに慣れていません。そのため、夏の環境に耐えられなくて熱中症になってしまうのではないかと推測されます。

2.夏の気温上昇中

日本の夏の平均気温は上がり続けています。気象庁の統計を見てみると、ここ50年で平均気温は1度以上上がっています。さらに、アスファルトで固められた地面からの照り返しで都市部の体感温度は非常に高くなってきています。

これらの要因も熱中症が増えている要因だと考えられます。

3.短頭種の増加

日本犬は、柴犬などのように基本的に鼻が長めの犬種が多いです。しかし、洋犬の中には短頭種と言われる鼻の短い犬種が非常に多いです。以下にもご説明しますが、短頭種の子は体温が非常に上がりやすく、冬でも熱中症を起こしてしまうことのある犬種です。

4.部屋の風通しが悪い

昔の家は、よく言えば風通しがいい、悪く言えば気密性が低く、空気がこもりにくい構造をしていました。最近ではワンルームなどほとんど外から風が入らない構造をしている家も増えてきており、これらの家では空気がこもってしまいます。

同じ温度と湿度でも、風があるかどうかで熱中症のリスクが変わってきます。

熱中症に注意が必要な犬種

犬には熱中症にかかりやすい犬種、かかりにくい犬種があります。先ほどパンティングで体温を下げているというお話をしましたが、鼻からも犬は熱を逃がすことができます。鼻の粘膜は常に濡れており、ここを空気が通るたびにその水分が蒸発して体温を下げてくれます。

単頭種ではその空気が通る道が短いため、鼻での体温調節が難しくなります。また、もともと気道がつぶれている短頭種では鼻呼吸がしずらく、口呼吸をしているため、「ガーガー」という呼吸音が出やすくなっているのです。

熱中症が特に注意が必要な短頭種は以下の通りです。ただし、これらの犬種だけでなくすべての犬は熱中症のリスクがあります。

  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ
  • パグ
  • チワワ
  • シーズー
  • チン
  • マルチーズ
  • ヨークシャーテリア
  • キャバリアキングチャールズスパニエルなど

また、大型犬も体の大きさに比べて口の面積が狭いため、熱中症になりやすく注意が必要です。

スポンサーリンク

猫は熱中症になりにくい?

猫は犬に比べると熱中症は非常に少ないです。その原因は以下のように考えられます。

1.パンティングをあまりしない

パンティングは熱を下げるための行為なのですが、パンティングのし過ぎは逆に熱をあげてしまいます。興奮してハァハァしすぎると、胸の筋肉を使うことで体温がどんどん上がってしまいます。猫は暑くてもパンティングをあまりしないため、体温が上がりにくいと考えられます。

2.自由に動ける

犬に比べて猫は部屋の中でも自由に動くことができます。棚の上などできるだけ涼しいところに自分で移動できるのも、熱中症になりにくい要因だと考えられます。

3.もともと暑さに強い

猫はもともと砂漠にすんでいた動物です。そのため暑さに強く、日本の暑さにも適応できると考えられます。

ただし、これらの要因があっても、蒸し暑く、空気がこもる場所にいたり、水分補給ができない場合は猫でも熱中症になってしまうことがあります。

猫でも単頭種には注意が必要

猫でも鼻の短いペルシャなどでは、他の猫種に比べて熱中症のリスクが高めであるため注意が必要です。また高齢猫や病気を持っている猫にも注意が必要でしょう。

まとめ

犬や猫の熱中症は増えています。夏場だけでなく、春秋に気温が異常に上がった日や、炎天下の車の中、冬場のこたつの中など熱中症のリスクはどこにでもあります。この記事を参考に、どうして犬や猫が熱中症になるのかを理解して、少しでも熱中症になりにくい生活をしてあげてくださいね。

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする