家での催吐方法~病院へ行けないときのオキシドールの使い方と注意点

スポンサーリンク

前回の記事(犬猫の催吐に食塩を使う危険性)で、食塩を使ったサイト方法の危険性と勧めない理由を書かせていただきました。もし、まだ読んでいない方は一度読んでみてください。

催吐処置は、病院で行うのが圧倒的に安全であり、犬では病院での薬による催吐による嘔吐率は98%と言われています。猫の場合は、病院でも催吐が難しいことが多いですが、催吐できることも少なくありません。まずは、動物病院へ連れていくことを最優先に考えてください。
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

家での催吐を絶対に勧めないわけではない

「病院が閉まっていていけない場合はどうしたらいい??」という飼い主さんは多いです。

その場合に使えるのがオキシドールです。オキシドールを使うことにはデメリットも多く、催吐のメリットがそのデメリットを上回る場合に使用するということになります。

また、今から話す内容はあくまで一般的な話になり、飼い主さんの自己責任のもとで行うことが前提になります。何かあった場合は、飼い主さんの責任になってしまうので、その点はご了承ください。

催吐の適応と不適応

まず、何かを飲み込んでしまった場合、催吐をしていいものと悪いものがあります。そこを見極めておかないと、嘔吐させることでかえって状態が悪化してしまうことがあります。

いぬのきもち

催吐していいもの

多くの中毒物質:チョコレート、ネギ類(玉ねぎ、ニラ、ネギ、にんにくなど)、ブドウ、観葉植物、タバコ、不凍液など

薬:ヒトの薬、大量の動物の薬、殺虫剤など

小さい異物:梅干しの種、小さなおもちゃ、靴下(靴下の長さと犬の大きさによります)、輪ゴム、消しゴムなど

催吐すると危険なもの

先がとがっているもの:針、竹串、つまようじ、鳥の骨、画鋲など

腐食性物質:灯油、ガソリン、かみ砕いた電池

大きすぎるもの

催吐する必要がないもの

少量のチョコレートやネギ類、観葉植物、タバコ:どれくらいが少量化の判断は難しいです

大量ではない洗剤

骨類:状況にもよりますが、胃の中まで入っていれば吐かせるより消化を待った方がいいことも多いです。

スポンサーリンク


オキシドールの危険性

①胃粘膜を荒らす

オキシドールは胃の粘膜を刺激して嘔吐を誘発します。そのため、オキシドールによるサイトを行った後は、胃粘膜が非常に強く荒れた状態になります。こちらのサイトに、オキシドールで催吐処置後の胃粘膜の状態が載っていますので、参考にしてみてください。赤くなっている部分がすべて胃粘膜のただれです。

病院での催吐剤による処置では、胃粘膜には全く影響しませんので、15分もすれば吐き気が止まります。一方でオキシドールを使った場合は、翌日まで嘔吐の症状が残ったり、中には少し血混じりの物を吐く子もいます。

②目に入る危険性

オキシドールは非常にまずいので、ほとんどの子は飲ませられるのに非常に抵抗します。その場合、オキシドールが飛んで犬や猫の目、もしくは自分の目に入ることがあります。ほとんどの場合は水で洗い流せば問題ないですが、大量に入ってうまく流せないと、目の表面の角膜に傷がつく可能性もあります。

③オキシドールの誤嚥の可能性

無理にのどの方にオキシドールを入れると、それを肺へ入れてしまうことがあります。少量であれば大丈夫ですが、大量に入れると誤嚥性肺炎や呼吸困難を起こすリスクがあります。

④嘔吐したものが食道やのどに詰まったり、気道の方へ誤嚥する可能性

催吐には、食道やのどに詰まってしまったり、気道への誤嚥のリスクがつきものです。動物病院であればそういった場合に緊急的に処置を行えますが、お家で催吐した場合、何か緊急事態が起きても対処できません。あまり多くはないですが、催吐処置に慣れていない一般の方が行う場合には、特に誤嚥には注意が必要です。

お家で行うオキシドールによる催吐の手順

オキシドールによる催吐には標準手順というものがありません。ですので、今回はPETMDというサイトに載っている方法を紹介しましょう。

1.新しい3%オキシドールを用意する(開封済みのものは催吐作用が弱くなっています)シド

2.体重1ポンド(0.45㎏)あたり、1mlのオキシドールをスポイトやシリンジに吸う(5㎏なら11ml)

3.舌の奥の方へ流し込む

以上です。最大容量は45mlと記載されています。

私が良くやるのは、5㎏までの小型犬であればまず5~10㏄ほど飲ませて、5分程度して吐かなければもう一度同量飲ませるという方法です。

催吐させた後

うまく催吐させられた後は、少しの間ご飯は与えないようにします。オキシドールを薄めるため、水を飲ませてもいいですが、嘔吐が続いている場合はお水も飲ませないようにしてください。嘔吐が止まって元気にしていれば半日程度たてば普通にご飯を食べさせてもいいでしょう。

・うまく吐かせられなかった

・全部吐けたかどうか不安

・いつもと様子が違う

という場合は、できるだけ早めに動物病院へかかってください。

にほんブログ村 犬ブログへ ポチっとm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする